【広島カープ】弱点克服に!宇草に廣瀬コーチが与えた練習とは

2020年02月20日 19:30

[広島カープブログ]

この記事を見る

抜粋

 広島ドラフト2位の宇草(法大)が課題のスローイング矯正に懸命だ。沖縄2次キャンプ第2クール初日の18日は、大学の先輩に当たる広瀬外野守備走塁コーチと午前9時から早出の特訓。「引き出しが多い。いろんなアプローチをしてもらえるのでありがたい」と汗を拭った。

 取り組んだ練習は、(1)ゴムチューブを左手で引いた勢いで投球する(2)左手でカベをつくってスナップスローする(3)軸の右足だけで立ってネットにスローイングする…など。広瀬コーチは「投げる前から自分にプレッシャーをかけているところがある。意識の方向を変えてほしい」と注文、「キャンプ当初と比べると改善しているけど、まだまだこれから」と指摘した。

 打力や走力には一定の評価を得て、練習試合でも15日の阪神戦で左の岩貞から左翼線二塁打、16日の中日戦でも左翼線安打をマークした。スローイングが矯正されれば出場機会が増えそうなだけに、「一日一日、成長を感じています。だからこそ課題も出てくる。打撃も守備も、まだまだうまくなってやろうと思ってやっています」と言葉に力を込めた。

 



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000037-spnannex-base
続きを読む

関連記事