元カープ石原「交流戦の敗因は先発投手陣」ファンからは賛否両論

2022年06月15日 12:13

[広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん]

抜粋

FTwJD9PUEAADqz3
https://twitter.com/ishihara_31/status/1530107942883577857/photo/2


交流戦期間を通じて、目についたのは先発陣が先に失点する、しかも大量点を失うという試合が多かったことだ。データを見ても、イニング別の防御率が、二回と四回は7・00、被本塁打20本のうち、四回までに打たれたのが16本とはっきりしている。

それまでのリーグ戦でしっかり結果を残してきた投手陣が、なぜこういう投球になってしまったのか。パ・リーグの打力、という見方もできるが、むしろ投手自身の問題ではないだろうか。つまり、不慣れな相手に対し、それまでどおりの投球で臨むのではなく「どんなバッティングをしてくるのだろう」という、相手に合わせてしまったことで、持ち味を発揮できなかったように思う。

序盤で点差をつけられる展開では、ベンチも「打て」しか言えない。作戦も使いようがなかっただけに、打線に敗因を求めるべきではないだろう。

17日からリーグ戦が再開する。先発陣にとっても慣れた相手だけに、雰囲気を戻すことはできる。さらに、交流戦で「相手に合わせる」リスクも痛感しただろうから、自身の力を信じ、能力の高いバックを信じて投げる。その準備をしっかり整えておきたい。

(全文リンク先より)
https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2022/06/15/0015387500.shtml


・石原さんなら捕手陣に対して注文してほしい
送球、捕球、リード、どれを取ってもレベルが低い
先発投手はシングルヒット、四死球ですぐに得点圏になってしまい、打線の援護もないから1点もやれないとプレッシャーになって追い詰められている
捕手の打力は評価されるが、元々ドラフト時はみな守備力を評価されて獲得されているはずなのに、そこが軒並み伸びていないのが問題
石原さんが育成できるようになってほしいものだ
続きを読む

この記事を見る