広島・迎打撃コーチ「(和田は)初回から140キロ後半。飛ばしてくるなんて想像してなかった」

2022年05月30日 21:50

[なんJ 野球をまとめてみたよ - 広島東洋カープ]

抜粋

カープ坊や


1: 2022/05/30(月) 07:36:13.73 ID:q9//cqAR0
交流戦では早くも3度目となる零封負け。悔やまれるのは2点を追う四回の攻撃だ。先頭の野間が右前打、1死後、西川の二塁内野安打で1死一、三塁としたが、
マクブルームは浅い右飛。ここで相手先発の和田が左足がつるアクシデントで降板。だが、
2番手・松本を捉えることはできず無得点。六回以降は無安打。無抵抗に凡打を重ねていった。

 迎打撃コーチは「(和田は)いきなり初回から140キロ後半。
あんなバンバン飛ばしてくるなんて想像してなかった。え?っていう球を投げるのは想定外。
そういうのも対処していかないといけない」と、攻略の糸口をつかめなかった攻撃陣に苦言を呈した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2010331190fbcbc1766d19cf9ca0b0d04807fbf7

続きを読む

この記事を見る