カープ鈴木誠也『タイムリー欠乏症』から110打席ぶり脱出!「まだ5月なので、これからだと思う」

2021年05月02日 23:09

[広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん]

抜粋

カープ鈴木誠也110打席ぶりタイムリー

広島・鈴木誠が約1か月ぶりタイムリー「まだ5月なので、これからだと思う」

ここまで6本塁打、打率3割2分1厘と、決して不調ではない赤ヘルの主砲。だが、本塁打で打点を稼ぐケースはあるものの、走者を置いた場面で〝アーチ以外〟での一振りは意外にも1か月の間なく、密かに「タイムリー欠乏症」の状態にあったのだ。

 そんな〝プチ懸念事項〟も5月の最初の試合で早々にクリアした。試合後の本人も「まだ5月なので、これからだと思う」とキッパリ。冷静に話す口ぶりからも、さらなる上がり目が期待できそうだ。

(全文はリンク先)


・今のカープのダメなところは、畳みかけられないところなんだよね。誠也のタイムリーの後だって、ワンナウト三塁だったのに追加点取れず。こういうところを全部とは言わないまでも効率良く得点できればもう少しマシな戦いができると思うんだけどな。

相手より安打数は多いが試合は負けというのがやたら多い。長打力のなさも得点力のなさの一因。


続きを読む

この記事を見る