元カープ北別府が阪神ドラ1佐藤輝明の強みと弱点を分析「コツをつかんだら本当の怪物になる」

2021年04月05日 23:06

[広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん]

抜粋

元カープ北別府が阪神ドラ1佐藤輝明の強みと弱点を分析

阪神・佐藤輝は配球が読めていない ステップがすべて投手方向 北別府氏が分析

阪神・佐藤輝は配球を読めていない。デイリースポーツウェブ評論家の北別府学氏が、不調に苦しむ怪物ルーキーの現状を分析した。広島3連戦の結果は12打数2安打1打点で8三振。本塁打は出たが、広島側の完勝に「投手陣の制球力の精度向上と内角攻めが勝因」と語った。

~中略~

私が見ていて思うのは、彼はどんな球に対しても、右足を投手側に向けてステップしてくる。

よく言えば、「開かない」打ち方。これはいいことなのだが、おそらく球種やコースを読んで打つことが、まだできていないのだと思う。

読んで打つ。これは簡単にできるものではない。スコアラーからは大量のデータが送られてくるが、実際に打席に立って、生きたボールを自分の目で確かめないと分からないことが多い。

(全文はリンク先)
https://www.daily.co.jp/baseball/2021/04/05/0014213212.shtml


・すごく分かりやすい解説です

続きを読む

この記事を見る