広島最下位低迷で「金本監督」待望論 佐々岡采配に批判殺到【日刊ゲンダイ】

2020年07月31日 11:00

[鯉速@広島東洋カープまとめブログ]

この記事を見る

抜粋

引用元:・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1596006774/


866: 名無しさん@おーぷん 20/07/30(木)09:54:44 ID:ff.vg.L29
なソゲ

広島最下位低迷で「金本監督」待望論 佐々岡采配に批判殺到

「このままチームを任せて本当に大丈夫なのか」

 再び最下位に転落した広島周辺では、日増しにそんな声が大きくなっているという。

 今季、2016年からリーグ3連覇を達成した緒方前監督からチームを引き継いだ佐々岡真司監督(52)だが、ここまで11勝17敗3分け。開幕から1カ月強で首位巨人には8・5ゲーム差をつけられるなど、波に乗れない。その最大の原因が佐々岡采配にある、というわけだ。

 球界OBが言う。

「投手を引っ張りすぎての継投失敗はもちろん、リリーフは日替わり起用で一貫性がなく、このままでは投手がどんどん潰れてしまう。開幕から好投を続けているドラ1新人の森下も、そのうち壊れるんじゃないかと心配になる。いくら救援陣が手薄といっても、この分業制の時代に、先発した4試合の1試合平均球数は約120球。新人ですし、7月中に再調整目的で一度、登録を抹消されてもいる。決して無理をさせるべきではない。攻撃も、チーム打率・289とリーグトップながら、初回に先頭が一塁に出塁すると、2番打者に判で押したように犠打。投手に楽に投げてもらうためにまずは先制点を、という意図もあるのでしょうが、結果的に相手投手を助けているケースの方が多い。3連覇を達成した時のような、小技、足技を使った“いやらしさ”も薄れている。投打において課題は山積みです」

 ファンの間では、佐々岡監督の試合後の談話にまで批判の矛先が向けられている。24日のDeNA戦で3連投の末にサヨナラ満塁弾を浴びた一岡を「(抑えは)気持ちが強くないと。こちらが託しているのでね」と責めた際も、「采配を棚に上げて、選手のせいにするな」とケチョンケチョンだった。

 そんな中、広島周辺では、次期監督として、広島OBで阪神前監督である金本知憲氏(52)の待望論が巻き起こっているというのだ。

金本知憲2

https://news.yahoo.co.jp/articles/76afbcf629a311f6d4c3e85aef00aaba52606a84?page=1

867: 名無しさん@おーぷん 20/07/30(木)10:03:02 ID:2a.vf.L5
金本は草

868: 名無しさん@おーぷん 20/07/30(木)10:03:35 ID:8m.wj.L23
佐々岡と金本仲良いよね

869: 名無しさん@おーぷん 20/07/30(木)10:06:43 ID:Q7.4k.L14
打撃コーチとしては有能だと思うのよ
監督は知らん

870: 名無しさん@おーぷん 20/07/30(木)10:09:28 ID:pR.4k.L7
金本が打ちにくいだろうなーと思って取った投手でリリーフ王国出来上がったからスカウトならいいかも知れん

871: 名無しさん@おーぷん 20/07/30(木)10:38:21 ID:64.wo.L19
新井ヘッドコーチが爆誕してしまうんか

続きを読む

関連記事