【広島カープ】上本「振る量を増やすため」

2020年05月19日 16:30

[広島カープブログ]

この記事を見る

抜粋

 広島の上本崇司内野手(29)が18日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で練習を行った。キャッチボールやランニングなどで汗を流し、全体でのフリー打撃後に野間、三好、メヒアとともに居残り特打に励んだ。

 迎打撃コーチと山田守備・走塁コーチが投げた球を打ち返し、快音を響かせた。上本は「振る量を増やすため。ライナー性の打球を打つことも意識している」と話した。

 全体練習が始まる前にも早出ティー打撃を行うなど限られた時間を有効に活用し、精力的に活動。「やりたいことをやれるように」と打力向上に努めている。



引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/05/18/0013352301.shtml
続きを読む

関連記事