カープ田中広輔がリードオフマンの座をつかむまで。出世番号63を背負って1年目から躍動

2020年05月15日 20:06

[広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん]

この記事を見る

抜粋

737: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/05/15(金)17:50:01 ID:sE.pf.L11
アスリートマガジンで新選手会長の歴史
カープ田中広輔がリードオフマンの座をつかむまで

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、カープも先行き不透明な中での練習を余儀なくされている。そんな混沌とする状況下で、選手会長としてチームのまとめ役を託されているのが田中広輔だ。

昨季こそ右ヒザの故障もあり自他共に悔しいシーズンを味わったが、リーグ3連覇に貢献するなどプロ入り直後から周囲の期待に違わぬ活躍を見せている。はたして新選手会長はどのような過程を経て、不動のリードオフマンと呼ばれるまでになったのか。背番号63を背負ったルーキーイヤーから、1番ショートに固定された16年までを振り返る。

https://www.hiroshima-athlete.com/articles/-/251


https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1588812830/ 続きを読む

関連記事